スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本にも

MOTEL.jpg


もっと日本にもアメリカのMOTELがあればいいのにな?と思います
特に海やスキー場周辺 地方都市などなどアメリカ式MOTEL本当に便利です
車で旅行やビジネスで移動する人の宿としてはバッチリではないでしょうか

アメリカのMOTEL 何がいいかと言うと部屋の前まで車が付けられます 
ドアを開け中に入ればベットルームといった感じでしょうか よって荷物を運ぶ距離もなく1Fを選べば階段もなし 
SURFINやSNOWBOARDトリップにも大変便利です

部屋は安いクラスでも 日本のそこそこのビジネスホテルよりかは部屋も広くベッドも特大サイズ
しかも1部屋での料金なので人数が増えると割安に
小さなMOTELでもジャグジーやプールなどもあり雰囲気もなかなかですよ

朝食付のMOTELも多く 至れり尽くせり
予約を入れると割安になるケースも多いですが行き当りばったりで
雰囲気のいいMOTELを選ぶのも旅の楽しみです (ハイシーズンには予約がおすすめです)
料金は交渉してみる価値ありです


日本にも最近 高速のサービスエリアやMOTELに近いホテルがだんだんと増えつつあります
都会では難しいかとは思うんですが地方にはどんどんMOTEL型ホテルが増えてほしいものです
間違いなくMOTELしか利用しなくなりそうです



部屋はこんな感じです このベッドは小さく見えますが・・・
MOTEL room
スポンサーサイト

知ってました?

CIMG3847_convert_20091129234706.jpg

今日は作業ばかりしてましたので
倉庫の中のレアな一品を紹介
BURTONがこんなアイテムを出していたのを知ってますか?
簡単に言うと今のESTシステムの先駆けです

とはいっても 今見るとかなり簡素なつくりですね?
当時も最軽量を打ち出ししてましたが これっきりで終わりでした
確か機種名はコンタクトだったと思います

他にもマニアにはたまらないお宝グッズがいろいろ倉庫に眠っていますが機会があれば紹介します
それにしても大昔のボード達ですが 今のロッカーボードやベースレスなど
今進化した状態であたり前になってきていますが
早い物は20年以上前から採り入れてる物もあります やはり究極テーマ遊びを追求すると
今も昔も変わってないのかもしれません


発見 マニアック編

潜水艦


まだまだ知らない世界が多いと実感した太平洋戦争
終戦からまだそんなに年月が経っていないんだな?と感じました
同世代でもある程度戦争のことは詳しい方だとは思うんですが今回のは知りませんでした

第二次世界大戦当時 日本の最新鋭の伊201潜水艦と伊401潜水艦がハワイ沖で発見されたそうです(2005年に沈んでいるのはわかっていたらしいんですが見つかったそうです)
それにしても日本の技術はすごいですね? 聞いてびっくりです

アメリカ本土を直接攻撃する目的で3機の爆撃機を搭載する潜水空母だったそうで
最新鋭の潜水艦の3倍もの大きさで乗員144人 航続距離は約6万キロ 爆撃機は800キロ爆弾を搭載してたらしいです
さらに爆弾のかわりにコレラやチフスなどを感染させたラットを缶につめ落とそうという計画もあったそうです

こんなものが当時あったとは驚きです 日本の技術だけはやはり世界一のような気がします
でも戦争で負けて良かったと思いますね 勝利してたと思うとどんな日本になっていたか
想像しただけでも恐ろしいです どんでもない兵器を造っていたでしょう

そういえば私の記憶ではかなり高い高度を飛べる戦闘機(名前は忘れました)が完成した直後に終戦を迎えたり アメリカ本土まで飛べる超巨大爆撃機などの計画もあったみたいですが
どれも資材さえあれば劣勢に立たされることなくかなり戦争も長期化してたかもしれませんね?
あー恐ろしいことです


皆さんもせめて第二次大戦の歴史くらいは少しづつでも学んで子供たちに伝えましょう
不況ではありますが 今平和な日本に居ることだけでも幸せかもしれません 

チャレンジ

no+guts+no+glory+go+for+it_convert_20091127231212.jpg

私の生まれ故郷 北九州のサイトから画像もらいました
気になる方は見てください いいこと書いてます


本題は私の好きな言葉がテーマになってたので載せました
No guts No glory Go for it !
いろいろ訳せますが 簡単に言うと 「根性のない者には 栄光は無い やってみろ!」
でしょうか・・?

アメリカのスキー場の最上級限定コースの入り口に
こんな立て看板があるそうです かなり掻き立てますよね?
自分なら納得して 多分行ってしまうと思うんですが・・・

この言葉 その通りかもしれません 自分で限界を決めてしまっている日本人には「グサッ」とくるでしょう 限界を越えようとチャレンジすることが少ないような気がします
ただしムチャをするわけではありません 一歩づつ進みここが到達点だと決めずに
常にチャレンジしていく気持ちが大切だと言うことだと思います

栄光はいらないから「堅く無難に」って言ってる人の声も多く聞こえて来そうですが・・・
どうも自分は普通が出来ないんでこんなこと言ってます

皆さんもsurfin snowboardだけではなく何にしても自分の枠を取り払いチャレンジしましょう
私も常にどの部門でもチャレンジし続けようと心がけてますが 
体がついてくるかどうかは別問題ですね

ムチャをすると他人に迷惑をかけてしまうことを忘れずに!
チャレンジと無謀とはまったく違いますので
よく考えてチャレンジしてみてください

何か何が言いたいのかわからなくなってしまいました スミマセン


CASUAL

久しぶりにTAVARUAのカジュアルが入りました
昔ながらのTAVARUA好きな方は少しラインが違いますが 個人的に気に入ってます

SURF

冬アイテム揃いました水温下がらないうちに是非どうぞ!

SNOW

OAKLEYゴーグルここには載せられないレア物あります 詳しくはSTAFFまで

TVはやっぱり・・・SONY

SONY_convert_20091127003407

先日自宅のSONYプラズマTVが調子が悪くなり購入店へ修理を依頼
すると購入先ではなく SONYのカスタマーサービスが状況を把握して
前もって部品を調達して専属のメンテナンスの方が来ていただき1回で済みました

これが初めてではなく2回目なんです 壊れた箇所は違いますが
1回目の時の対応も同じような感じで素早く対応していただきました
で購入店の5年保証が過ぎているのもかかわらず 全て無償だったんです

なぜだろうといろいろ考えたんですが
5年保証は保険なので販売店が負担は考えられず
10年以上前にSONYメンバーに入ったような・・・・? でも違うな?と思いつつ

でもやはりSONYがある程度の基準でメンテナンスを行っているに間違いありません
無償のパーツと有償のパーツもはっきりして説明もしていただき
よくある出張料だけでも¥10000以上取るようなメーカーがある時代に
人が動いても場合によっては無償とすばらしいアフターではないでしょうか?
今までの家電の常識では考えられません

でこうなると今までの他メーカー家電の有償修理はなんだったんだろうと思い
メーカーの落度だろうが保証が切れると「有償」 のメーカー対応が納得できなくなってしまいました
本来リコールに近いような家電の製造上の落度も絶対多いような気がします
でもなかなかメーカーは認めませんよね?  でもSONYは違いました

話は長くなりますが 20歳の時からTVはSONYなんです  今のは何台目かわかりませんがあきらかに映りが違うんです (私が見る限りではなんで気にしないでください)
今はシャープの亀山ブランドや他メーカーもかなり綺麗なんですが
やはり今でも私の中ではSONY画像が譲れません

そして今回のような件があると多分生涯TVはSONYでしょう
最近いろいろとSONYは互換性が少なく私も離れがちにはなってましたが
他の製品もいろいろ見直したいものです


世界のSONYはやっぱり凄かった
これからはもっと応援していきたいです

私たちも見習って出来る限り皆さんに生涯付き合っていただけるよう努力していきたいと思います
メーカーの皆さんもよろしくお願いしますね 一緒にがんばりましょう!
(メーカーの方々もブログ見てくれてると思い書いてしまいました)
プロフィール

Cornwall SSS

Author:Cornwall SSS
応援していただいてる皆さんに
いろいろな情報を発信いたします

sss@gaea.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。