スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雷の話

雷_convert_20100829131446


海に雷は落ちないそう聞かされ(迷信らしいです)
サーフィン中に落雷があると海の中でいるのが安全と思ってました
ところが1987年の8月5日早朝にあの高知生見海岸の海に雷が落ち6名のサーファーの方が亡くなったのです

意外と知られてないのでお話しましょう
その日はなんと私も友人と生見へサーフィンに行く予定でした
しかし前日に波が無いのと何となく中止にしたのです

するとその日のお昼前に友人から電話が
「生見で5人も亡くなったらしい」???
私には意味がわからず サメ? 何? よく聞くと「雷が落ちたらしい」

それを聞いてもなぜ?
それまでは海に落ちるなど思ってもなかったので 何故5人もの犠牲が・・・・?
その日のニュースでようやくはっきりした事実が

早朝から雷雨がかなりひどくなり
一部の方達は海から上がるくらいのひどい雷雨だったらしいです
そこへサーファーのいる海に雷が落ちたのです

一人は直撃他の方は意識を失い救助はされたものの手遅れで溺死だったそうです
日本での雷事故としては最大だったと思います

落ちた瞬間を見た方の話では落ちた瞬間その一帯の海の色が
オレンジ色みたいになったそうです
その後はサーファー達が救助を続けたそうですがパニック状態

残念ながら6名の方が手遅れとなり亡くなられました
生見にある慰霊碑はこの時に亡くなられた方々の慰霊碑です
海に入る前でもお祈りを捧げましょう


それにしても私たちがもし海へ行ってたならば
海は安全と思いその時間には間違いなく海に浮いていたはず
私が犠牲になってたかもしれません 

ほんと運命はわからないものですね
何かが起こるから行くのをやめときなさいと神がつぶやいたのかもしれません
今こうやって海に行けてることを感謝して自然に対しても常に敬意をはらい共存していこうと思います

スポンサーサイト

ゆるーいサーフトリップ

プーケット

スマトラ沖大地震からもう5年以上経ちますが
あの時の津波の衝撃映像は今でも思い出してしまいます
何度か訪れたことのある場所が津波にのまれていく なんとも言えませんでした

今ではすっかり復興されてリゾートの賑わいを取り戻していることでしょう
手軽にリゾート気分を味わえるとあって今でも人気があるプーケットを紹介します
雨季にはサーフも可能で初めての海外サーフトリップやファミリーサーフなど

ゆったりと波乗りを楽しみながらリゾートも という方にはおすすめですよ
最近また多くのメディアで取り上げられていますが 
夢に描いたような海外の波を当てることは出来ないにしても

仲間同士でワイワイなどのんびり楽しむ程度にはいいかと思います
運が良ければ極上の波にヒットすることもありますよ
過去に訪れた時にサーフ不可の日は一日もありませんでした

島内もレンタカーがあれば日帰りでどこまでも行けるくらいの島の大きさ
時にはジャングルの中を走るといった雰囲気も味わえたりして自然をそのまま感じることが出来ます
食事やトイレにもあまり困ることもなく過ごせます

多くがリゾートホテルなのでのんびり過ごすのもよし
ホテル前でサーフが出来るホテルもいろいろあるのでおすすめかと
サーフ以外でもビーチで楽しめたりいろんな癒しでリゾート気分満載!

夜はビーチ周辺やホテルでも盛り上がれるところもたくさん
食の方もタイ料理が中心なので合わないことは無いでしょう
屋台でも火を通してるものなら大丈夫! かなぁ?
特に以前紹介したトムヤンクンはどこで注文してもはずさないでおすすめです

プーケットは不思議な魅力を持つリゾート地です
まだまだ魅力をいろいろ書きたいですが
気になる方 これから計画してみたい方おられましたらいつでもご相談に乗りますよ

安全で手軽にリゾート いかがでしょう
タイ航空利用がおすすめです
バンコクとの合わせ技もありかも

番外編 つぶやき

民主党代表選に出馬を表明した小沢氏
何故また戻るのか? インタビューに答える小沢氏の演技といい
国民を置き去りにして私利私欲がちらつく政治家たち
それを盛り上げるメディア全てにガッカリ

こんなことが続く限り明るい日本は望めないような気がする
やはり日本沈没であろうか
今後政権が変わろうとも今のままでは・・・ 果たして日本は???

幕末に幕府(政府)を倒した薩長軍のような組織が出来ない限り
新しい日本は望めないのかも
そのような組織が出来れば今の時代でも喜んで身をささげる人も少なかれいるはずです
私もその一人

橋下さんが西郷さんみたいになれば
喜んで捨て駒にもなりますよ?

Twitterはしない つぶやきでした

何であったのか?

NASA_convert_20100826141653.jpg

火曜の四万十サーフの夜明け前
まだ薄暗く波のチェックも出来ない
いつものように晴れた日は星空を見上げる

遠くに飛行機が・・・・・ん
しばらく見ていても移動していない
双眼鏡を持ち出し見てみると確かに飛行機っぽい

でもまだ動かない
よく見ていると光が移動? また移動?
これを一緒に行ったメンバーに興奮して話すと

「飛行機ですよ?」 「あれは星でしょう」
などとあっさり返されました
いろいろ説明はしたものの聞き入れられず そのまま退散

あの光は何であったのだろう
自分の中では未知の物体に遭遇したような気分になり
一人だけが大宇宙の夢を語る少年のような心になったひと時でした

波の方はあまりいいとは言えず
この日の思い出はこの未確認飛行物体と
3年ぶりくらいに入ったポイントで良き時代を思い出したのが何よりでした



おまけです 夜空好きで癒されたい方のみ限定です↓




クラゲ
まだ少なめですが各ポイント全域に出没中です
そろそろ対策が必要かも

失敗でもさわやか

さのさか

まだまだ暑い日が続く中ボーダーの方達は
室内ゲレンデアクロス重信などに出かけています 
楽しさと涼も同時に得られる しかしあくまでも室内

これが室外でも涼を同時に得ようというのが「ウォータージャンプ」
昔からあるもののあまり話題にはならない
今日もお客さんとの話で思い出したくらいです

でもやるならこの季節がいいような気がします
スタート地点までは暑いかもしれませんが
その後は爽快な気分が待ってます 失敗しても痛くないしゲレンデよりは安全

自分のレベルに合ったジャンプ台があり
誰もが楽しめること間違いなし レンタルやスクールも有りますよ
行ってはみたいと思いつつもう20年近く経つ

これをきっかけに観光やグルメを兼ねたサマーボードツアーを企画してみようかな
でももっと近くにたくさんあればいいにね?
それにしても写真見てるとソリとかで ただ飛ぶだけでもおもしろそう 一緒に飛びますか?




8月14日にアクロス重信で行われたF2cup(タイムレース)にて
4部門の内3部門で見事入賞者が出ましたのでご紹介を

アルペン部門    優勝  浅井 選手 「今シーズンの運を使い果たした」とのこと 激戦クラスの中見事です
フリースタイル部門 3位  成行 選手  予選は1位だったんですがノックダウンで敗れてしまいました
フリースタイル女子 3位  平沼 選手  初参戦にしては見事です

皆さんおめでとうございました
これからもがんばってくださいね
プロフィール

Cornwall SSS

Author:Cornwall SSS
応援していただいてる皆さんに
いろいろな情報を発信いたします

sss@gaea.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。