スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天才少年

バイオリン

今日朝のTV番組に先日ドイツで行われた
世界バイオリンコンクールで史上最年少で見事優勝!三浦文彰君16歳が生出演してました
さすがにバイオリンには詳しくないのでどれくらい凄いのかわかりませんが音楽界では衝撃なんでしょう
この大会16歳から出場出来るそうです

でTVで初生演奏してました 
素人が聞いてもわかるくらいすばらしいんですが
私が一番関心があったのが親へのインタビューで

普通は子供の時にバイオリンを始めると
あれダメこれダメと手を痛めるという理由でバイオリン以外あまり何も出来ないようなのですが
この三浦君はまったく逆で親が何でもやらせていたそうです
それも1日の練習は30分という集中力

日本にもこんな天才が出てきて嬉しいですね
ある程度素質はあったんでしょうが 練習は量だけではなくその中身であると信じる私にとって
自分の考えがまた一段と確立していきそうです

厳しい言い方をすると中身の無い練習を何時間やってもあまり効果なしといったとこでしょうか

話はそれるんですが 以前2年前位に子供のスポーツ小年団でこの考えで50対1くらいで討論したことがあります
まったく進展なく聞く耳持つ親は一人もいませんでしたが(多分)
長い物に巻かれろ状態で多く練習するのが当たり前みたいなんです 
でも今年卒団する子供が量より質で実証してくれましたが その当時の発言がわかってくれた親は何人いたんでしょうか?

話がそれ過ぎました スミマセン
で私の考えというか言いたかったのはどんなことでもレベルアップの練習には集中力が必要で
量より質 練習時間が無いから上手くならないと言ういい訳は出来ないのかもしれません

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Cornwall SSS

Author:Cornwall SSS
応援していただいてる皆さんに
いろいろな情報を発信いたします

sss@gaea.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。